東京でコンパクトマンション投資経営とは??

SnapCrab_NoName_2021-7-14_0-29-37_No-00

ワンルーム不動産投資とは

ワンルームマンションを購入して

運用する不動産投資のことです。

所有しているワンルームマンションを

入居者に貸し出して

家賃収入を得るという仕組みです。

ワンルームという間取りの多くは

単身者向けのため

他の投資物件と比較すると

初期投資が小さい特徴があります。

ワンルーム不動産投資を始める場合

おすすめしたい場所が東京23区です。

日本全体でみれば

人口は減少傾向ですが

東京近郊などの一部は増加傾向です。

なかでも、東京23区への

人口流入が特に大きいです。

また全国的に人口は減少しているものの

1世帯あたりの平均人数は

年々減少して世帯数が増加傾向にあります。

単身世帯の増加などにより

世帯分離が進んでいるといえます。

単身者世帯が増加している背景には

様々な原因がありますが

・未婚率の上昇
・晩婚化
・高齢化社会

が大きな影響を与えていると考えられます。

未婚率の上昇・晩婚化によって

若年層の単身者が増えること、

高齢化社会が進むことにより

高齢の単身者が増えることも予測されます。

SnapCrab_NoName_2021-7-13_23-15-50_No-00

不動産投資における収入源は

入居者からの家賃です。

今だけでなく、長期にわたる

賃貸需要を見極めなければなりません。

ワンルーム不動産投資を行うのであれば

人口減少のエリアよりも

上昇傾向である東京23区の方が

今後も賃貸需要が見込める可能性があります。

東京への人口流入が多い背景には

政治、行政、経済などの主要機関が

東京に集中していることが挙げら

主要機関が東京にあるということは

人やお金が東京に集まる仕組みが

できているということです。

東京に本社を移転させている大企業が多くあり

仕事を求め

地方から東京へ集中すると考えられます。

さらに、地方の大学キャンパスが

東京近郊に移転していることも

人口に影響を与えていると考えられます。

今後も東京への一極集中が

進むと予想されます。

SnapCrab_NoName_2021-7-13_23-15-33_No-00

その中で不動産投資として人気が高いのが

コンパクトマンション経営です。

コンパクトマンションに明確な定義はなく

一般的には

専有面積が30㎡〜50㎡ほどの

ワンルームからファミリータイプの

中間のような間取り1〜2LDKなどを指します。

生活スペースはさほど広くないものの

多くが駅や商業施設に

徒歩で行ける範囲にあるため

便利性が高いのが特徴です。

多くのコンパクトマンションが

シングルやディンクスの方向けの

生活を想定しています。

コンパクトマンションの大きな魅力の1つに

ライフスタイルの変化に合わせやすい

という点が挙げられます。

シングルの場合

賃貸マンションと変わらない予算で

マンションの快適な空間を設備

セキュリティを手に入れることができます。

持ち家となれば

賃貸とは違い、自分の資産になる

という点も大きなメリットです。

コンパクトマンションといっても

単身者向けのワンルーム程度の部屋から

夫婦2人では余裕のあるDINKS向けの部屋

小さな子供のいるファミリーや

シニア層に向けた部屋まで

物件によって様々です。

SnapCrab_NoName_2021-7-13_23-14-56_No-00

〇小さくても快適な居住性が実現できる

専有面積が小さいコンパクトマンションには

比較的安価で購入できるメリットがあります。

部屋に十分な収納を設けて生活 スペースを確保し

快適に暮らせるコンパクトマンションが増えていて

ファミリータイプに負けない高機能設備や

先進のセキュリティシステムを備えているため

コンパクトながら快適な生活空間で過ごせます。

〇小さいからこそ、暮らしやすい

コンパクトマンションに住み替えると

掃除も楽で光熱費も減らすことができます。

コンパクトマンションの多くは

駅近にあり利便性が高いので

老後の暮らしやすさにもつながります。

〇職住近接が現実できる

職場の近くに住む職住近接は

多くのビジネスパーソンが憧れる

ライフスタイルと言えます。

面積が小さく価格を抑えられる

コンパクトマンションであれば

利便性の高い都心部に

居を構えることが可能です。

〇資産価値を活かしやすく保ちやすい
コンパクトマンションは

独身時代に購入したものを

新しい家族ができたら売却して

新居購入の頭金に充てる。

もしくは賃貸物件として入居者を募り

家賃収入を得るなど選択できます。

また、コンパクトマンションは

比較的資産価値を保ちやすいとされていて

駅近物件がほとんどのため利便性が高く

近年では首都圏を中心に単身世帯数が増え

賃貸物件の需要が高まっていることが

理由と考えられます。

このようにコンパクトマンションは

実際に住む人にとっても

投資家にとっても需要が高まっています。

コンパクトマンション投資家になるために

専門の不動産会社に相談が大切です。

下記から会員登録するだけで

不動産のプロに無料相談できますので

ぜひ登録してみてください★

コメント

タイトルとURLをコピーしました