ビジネスで活躍する英語力とは??

SnapCrab_NoName_2021-7-12_2-11-56_No-00

企業のグローバル化に伴って

日本でよく使われ始めた

英語ビジネスレベル

という表現があります。

ビジネスの種類によっては

専門の語彙や表現を使うことがあり

その分野の単語力が

身についていることはビジネスでは必須です。

英語をペラペラに話せる人でも

IT分野の単語を知らなければ

IT関連の会社では何もできないということです。

英語をつかって仕事をする際

母国語が英語ではない人にも遭遇します。

そのような人はアクセントが強かったり

普段耳にしない言い回しや

独特の例えなどを使う場合があります。

そのようなときにも

的確な返答ができなくてはなりません。

また逆に、相手が自分の言っていることを

理解できない場合もあります。

ビジネスシチュエーションでは

上手く対応し円滑な

コミュニケーションを図る必要があります。

ビジネス会話は日常会話と違い

会社で接する人によって

言い回しを変える必要があります。

会議や営業、交渉など、

シチュエーションによっても

適切な語彙は変化します。

あらゆる場面で適切な英語が

使い分けられる能力が求められるため

英語そのものだけでなく

社会人としてのビジネスマナーも

非常に重要となります。

多くの日本企業は採用活動を行う際

TOEICのスコアを参考にします。

基本的にはTOEICのスコアでいうと

600から700点以上をもって

ビジネスで英語が使えるレベルと

判断されるところが多いです。

ビジネスレベルの英語を身に着けるには

業務内容の知識力と経験、

それに伴った英語力の

総合的なスキルが必要です。

また、英語も一つの言語です。

日本語も日々変化するように、

言語は社会や情勢に合わせて変化し

ビジネスレベルの英語を

使える人になる為には、

日々の変化に注目し

吸収していくという姿勢が大切です。

そうすることで初めて、

生きたビジネスレベル英語を

使える人になれると言えるでしょう。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました